DAIHATSU×Badminton 
新作CM 撮影秘話をご紹介!

今年もバドミントン日本代表、障がい者バドミントン日本代表、そして昨年の全国小学生ABCバドミントン大会優勝者をはじめとした
ジュニア選手たちにご参加いただき、新しいCMを作りました!
豪華なメンバーが競演するCMは全部で4タイプ。実はよく見ていただくと、それぞれ違った選手が登場しています。
どのタイプにどんな選手が出ているか、ぜひ見比べてみてください。

撮影にご参加いただいた選手

バドミントン日本代表
桃田 賢斗、園田 啓悟、嘉村 健士、渡辺 勇大、山口 茜、奥原 希望、
福島 由紀、廣田 彩花、髙橋 礼華、松友 美佐紀、東野 有紗
障がい者バドミントン日本代表
福家 育美、山崎 悠麻、藤原 大輔、今井 大湧、豊田 まみ子
ジュニア選手
沖本 優大、石岡 空来、渡邉 悠至、橋村 妃翔、塩谷 司、石川 るるう

制作メモ

DAIHATSU×badminton CM 2作目の今回はセットにもこだわり、スタジオの真ん中に設置されたコートの両脇に巨大なDAIHATSU×badmintonのオブジェを作って撮影。福家選手からは「持って帰って飾りたい」との一言も(笑)。多くの選手が見慣れないコートの様子に興味深々。なかでも福島選手・廣田選手は「インスタ映えしそう!」と気に入って(?)頂けたようで、撮影終了後にいくつもポーズを決めていただきました。
またスモークを焚いた撮影に、桃田選手からは「雲の上に立っているみたい!」と素敵な感想も!技術・美術スタッフの頑張りが報われたエピソードでした。

今回のCMの見どころのひとつは、1つのショットを打つ間に様々な選手が登場する「シンクロショット」。少しでも打つ角度やジャンプの高さが違うとシンクロして見えなくなってしまうので撮影に時間がかかるかとハラハラしていたのですが、そこは流石の日本代表選手と将来の代表候補たち。正確なショットで、あっという間に撮影が終わりました。

ただ、そんな選手の皆さんも、ラストのガッツポーズのシーンはなかなか大変だった模様…。
でもスタッフが一緒に「よっしゃーー!」と声を出して盛り上げることで、選手のみなさんもどんどんテンションアップ!普段はクールな松友選手や山口選手がテンションMAXでガッツポーズをしてくれました。貴重なガッツポーズは下記の撮影風景写真でご確認ください!

ストーリーボード

photo Title:
Light you up
photo photo 選手たちが次々と
コートに入場!
photo 試合さながらの雰囲気で
ラケットを構える
photo 選手たちによる、
激しいラリーの応酬が
繰り広げられる
photo 各選手のスマッシュシーンを
普段は見れない上の角度から
photo NA:
ラケットとシャトルが
感動を生む
photo NA:
絆を作る。
photo NA:
ダイハツがバドミントンを
photo NA:
元気にすることで
photo NA:
たくさんの人々に
新しい輝きを
photo Title:
DAIHATSU × Badminton
JAPAN INDONESIA MALAYSIA

撮影風景

photo photo
←
→
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
プロフィールはこちら! プロフィールはこちら!