DAIHATSU×Badminton
CM 撮影秘話をご紹介!

今年もダイハツが応援するバドミントン日本代表、障がい者バドミントン日本代表、そして昨年の全国小学生ABCバドミントン大会優勝のジュニア選手たちにご参加いただき、新しいCMを作りました!
世界の最前線で戦う選手たち、将来のスタープレイヤーたちの「リアル」な練習風景をシンプルに描いております。
選手たちの日々の努力、一球一球に込める「魂」に注目して下さい!

撮影にご参加いただいた選手

バドミントン日本代表
桃田 賢斗、園田 啓悟、嘉村 健士、渡辺 勇大、山口 茜、奥原 希望、
髙橋 礼華、松友 美佐紀、永原 和可那、松本 麻佑、東野 有紗
障がい者バドミントン日本代表
【車いす:WH1】里見 紗李奈、福家 育美
【車いす:WH2】小倉 理恵、山崎 悠麻
【立位:SL3】藤原 大輔
【立位:SU5】今井 大湧、鈴木 亜弥子、豊田 まみ子
【立位:SS6】畠山 洋平
ジュニア選手
齊藤 礼、横内 美音、田上 幹太、溝尾 花奈、篠原 康輔、板橋 ゆい

制作メモ

DAIHATSU×badminton CM 3作目となる今回は「リアル」な練習風景を切り取るために、会場や小道具ひとつひとつにこだわって撮影が行われました。普段練習をしている体育館をイメージしたセットに桃田選手からは「トレセンみたい」という発言も。CM撮影とは思えない本番さながらの練習メニューでたくさんの汗をかいてもらいました。笑
※味の素ナショナルトレーニングセンター

ダイハツの新しいバドミントン応援キャラクターも見守る中、撮影の中でみせてくれた、パラバドミントン選手の激しいチェアワークや、ダイビングレシーブ、ジュニア選手たちの大人顔負けのジャンピングスマッシュ。シャトルケースをターゲットとしたスマッシュ練習では、ソノカムペアによる3回連続的中、桃田選手が7回中4回的中させる離れ業を披露してくれるなど、美技の数々にスタッフ一同感動しっぱなしでした。

選手たちの宣言シーンでは、緊張感のある雰囲気の中、収録が行われました。「世界の頂点をとる」「自分を超えよう、超えてみせる」といった強いメッセージを真剣な眼差しで宣言する選手たちの姿は必見です。

撮影の中で自然に撮れたコート上での「キュッ」という摩擦音や、シャトルを打ち込む音を使用したBGMが選手たちのカッコよさを際立たせています!

ストーリーボード

photo CI
photo
photo
photo photo photo 山口選手:限界なんて
齊藤くん:ない
今井選手:ない
photo
photo
photo photo photo 横内さん:世界の
桃田選手:頂点を
福家選手:取る
photo photo photo NA:
バドミントンで
誰もが輝く日本へ。

Title:
すべての一球が熱い。
photo Title:
DAIHATSU x Badminton
JAPAN INDONESIA MALAYSIA

撮影風景

photo photo
←
→
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
プロフィールはこちら! プロフィールはこちら!