DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020 Presented by DAIHATSU
Part of the HSBC BWF World Tour Super 500
大会レポート by リリアナ・ナッチルさん

開催日時: 2020年1月14日(火)~19日(日)
開催場所: イストラ スナヤン

  • 開催国インドネシアが3部門で優勝!ファンが大興奮した『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』

  • 『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』は、先日マレーシアで開催された『PERODUA MALAYSIA MASTERS 2020 Presented by DAIHATSU』と同じ、HSBC BWFワールドツアースーパー500に属する世界有数の国際バドミントン大会です。

  • バドミントンが盛んなインドネシアでは、選手たちも国民的な人気があります。そんなインドネシアのイストラ・スナヤンで1週間にわたって開催された『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』は、インドネシアのバドミントンファンを大いに楽しませました。2020年1月14日から19日まで行われた今大会には、世界のトップスター選手たちが一堂に会し、火花を散らす熱い戦いを繰り広げました。熱狂的な雰囲気の中で手に汗握るプレーが繰り広げられ、大いに盛り上がった大会は、5つのカテゴリーのうち実に3つのカテゴリーにおいて、インドネシアの選手が勝ち上がった決勝戦で、最高潮に達しました。今大会は、地元のファンにとって長い間記憶に残る大会になることでしょう。

決勝戦 試合一覧

種目 選手名 試合内容
男子シングルス アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア) 2-1 アンダース・アントンセン(デンマーク) 17-21 / 21-15 / 21-9
女子シングルス ラチャノック・インタノン(タイ) 2-1 キャロリーナ・マリン(スペイン) 21-19 / 11-21 / 21-18
男子ダブルス マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルヨ(インドネシア) 2-0 モハマド・アッサン/ヘンドラ・セティアワン(インドネシア) 21-15 / 21-16
女子ダブルス グレシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア) 2-1 マイケン・フラーハード/サラ・ティゲセン(デンマーク) 18-21 / 21-11 / 23-21
混合ダブルス ツェン・シーウェイ/ファン・ヤチョン(中国) 2-0 ワン・イルユ/ファン・ドンピン(中国) 21-9 / 21-9
  • レポーター:リリアナ・ナッチルさん

  • リリアナ・ナッチルさんは、世界のバドミントン混合ダブルスにおいて最も成功した偉大な選手の一人とされています。『DAIHATSU INDONESIA MASTERS』2019年大会の直後に引退してからは、アンバサダーあるいはスポークスマンとして大会に関わっています。数多くの勝利と偉大な記録とともに、インドネシアの混合ダブルス史上最高のペアとしての栄光は、これからも生き続けることでしょう。
    1985年生まれ、マナド出身。2010年からタントゥイ・アマド選手とペアを組み、2016年リオデジャネイロオリンピック大会で金メダルを獲得。世界選手権、全英オープン、アジア選手権において、それぞれ3回の優勝経験を持つ。

世界トップの選手たちが繰り広げたゲームをレポート!

  • 男子シングルス:ギンティン選手が王座につく

  • 昨年の5大会における決勝戦での敗退は、インドネシア男子シングルスのエース、アンソニー・シニスカ・ギンティン選手にとって非常に悔しい経験であったに違いありません。しかし今年、満員のイストラ・スナヤンで迎えた決勝戦においてギンティン選手は昨年優勝のアンダース・アントンセン選手から17-21、21-15、21-9で勝利を奪い取りました。ギンティン選手はこの勝利を彼の勇姿を見にはるばるバンドンのチマヒから訪れていた、愛する母親と兄弟に捧げました。
    素晴らしいスマッシュやネットプレーによる力強い試合展開で、第1セットを21-17で奪ったアントンセン選手は、トレードマークである速い動きと素晴らしいディフェンスを武器にインドネシアの本命選手であるギンティン選手を追い詰めようとしました。しかし形勢はあっという間に逆転。ギンティン選手が得意の攻撃的なプレーでスマッシュとネットプレーを次々に決め、アントンセン選手を翻弄し、試合の流れを変えたのです。最終セットのギンティン選手は、それまでの2セットとガラリと変わっていました。アントンセン選手はあらゆる点においてギンティン選手にかなわず、最終的に9-21でギンティン選手の勝利。ギンティン選手が、2018年の中国オープン以来となる優勝を手にしました。ギンティン選手にとっては自国の観客の前でタイトルを獲得するという嬉しい結果となりました。

  • 女子シングルス:インタノン選手が今年初勝利、不調から脱却する

  • マレーシア・マスターズでは2回戦敗退となったラチャノック・インタノン選手は『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』で見事復活。その姿に多くのファンが大変勇気づけられました。インドネシア・マスターズの2010年大会での優勝経験を持つインタノン選手は、本来の調子を取り戻し、初戦で中国のカイ・ヤンヤン選手を破ったのを皮切りに、イストラ・スナヤンのコートを圧倒的な強さで制していきました。緊張感あふれる女子シングルス決勝戦に注目が集まる中、オリンピック金メダリストであり、前回大会の決勝戦で前十字靭帯を損傷したスペインのキャロリーナ・マリン選手に対し、インタノン選手がその実力を見せつけました。インタノン選手は、マリン選手のミスを見逃さず、素晴らしいネットプレーの連続で相手にプレッシャーを与え続けました。両選手はともに攻撃型のプレースタイルのため、互いに俊敏な動きと速い試合運びでゲームは進行。マリン選手には攻撃的になりすぎた場面がいくつかみられ、それがミスにつながりました。一方のインタノン選手は終始落ち着いたプレーを見せ、3セット(21-19、11-21、21-18)目で、マリン選手から勝利を奪いました。

  • 男子ダブルス:またもやマルクス選手/ケビン選手ペアが優勝!

  • マルクス・フェルナルディ・ギデオン選手とケビン・サンジャヤ・スカムルヨ選手が、またもや素晴らしいプレーの数々を披露し、3年連続でタイトルを獲得。世界トップの実力を示すハットトリックを達成し、その群を抜いた無敵の強さを世界に見せつけました。決勝戦は、モハマド・アッサン選手とヘンドラ・セティアワン選手のペアと、「ミニオンズ」との同国対決となりましたが、試合は終始「ミニオンズ」のペースで進みました。常に相手ペアを追い詰めて息つく暇も与えずに振り回し、圧倒的な強さを見せつけました。試合はわずか32分で終了。21-15、21-16で、誰もが納得のストレート勝ちとなりました。

  • 女子ダブルス:ポリー選手/ラハユ選手ペアの歴史的勝利に、ファンは狂喜乱舞

  • イストラ・スナヤンでの日曜日の決勝戦において、2人が歴史的な初勝利をもたらすと、会場に詰めかけた数千人のファンは大いに盛り上がり、優勝を手にした2人の選手たちの名前を何度も叫びました。インドネシアの女子ダブルスのペア、グレシア・ポリー選手とアプリヤニ・ラハユ選手自身もまた、優勝が決まった瞬間その感情を抑えることができませんでした。3セット目までもつれ込んだスリリングな決勝戦では、大柄なデンマーク人のペア、マイケン・フラーハード選手とサラ・ティゲセン選手を18-21、21-11、23-21で下しました。ポリー選手とラハユ選手のペアが相手を寄せ付けずに優勝トロフィーを手にできたのは、その強いディフェンス力のおかげです。また強固なディフェンスだけでなく、長いラリーで何度もデンマークのペアを苦しめ、インドネシアに勝利をもたらしました。デンマークのペアにとっては、20-19、21-20とマッチポイントを迎えてからのレシーブに失敗したことが悔やまれる結果に繫がりました。

  • 混合ダブルス:ツェン選手/ファン選手ペアも、ハットトリックで世界の頂点に

  • マレーシア・マスターズと同じく中国人ペア同士の戦いとなった決勝戦は、世界トップのツェン・シーウェイ選手とファン・ヤチョン選手のペアが、手強いライバルのワン・イルユ選手/ファン・ドンピン選手ペアにまたもや快勝する結果となり、ここイストラ・スナヤンでも世界を制しました。試合はわずか25分であっという間に終了し(21-9、21-9)、混合ダブルスでのツェン選手とファン選手の圧倒的強さを証明しました。ツェン選手/ファン選手ペアが、2018年に初勝利を収める前は、混合ダブルスではインドネシアが2012年から2017年まで優勝し続け、中国の活躍はあまり目立っていませんでした。しかし現在の混合ダブルスでは中国が圧倒的な強さを誇っており、しばらくはツェン選手とファン選手のペアを脅かすライバルが登場する可能性は低いでしょう。この2人の勢いを止めるには、すべてのライバル選手たちが持ちうる力のすべてを発揮し、あらゆる面での強さと高度なテクニックをもって、二人に臨まなければならないでしょう

  • 世界のトップ選手たちは、これからも世界大会での栄誉を目指し、戦い続ける

  • 今回の『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』の結果を見て、バドミントンファンの間では、5つのカテゴリーのうち3つで優勝したインドネシアの話でもちきりになりました。バドミントンの熱狂的ファンが多いインドネシアでは、地元のヒーローたちを応援しようと数千人もの人たちが集まり、会場は一体感に包まれた素晴らしい雰囲気を醸し出しました。マレーシアの大会では5つのカテゴリーのうち3つで優勝した中国でしたが、今大会では苦戦しツェン選手とファン選手のペアが混合ダブルスで優勝したおかげで何とかその面目を保ちました。一方で、女子シングルスのラチャノック・インタノン選手とキャロリーナ・マリン選手、そしてツェン選手/ファン選手ペアが、インドネシアの全カテゴリーでの制覇を阻止しました。ヨナタン・クリスティ選手やビクター・アクセルセン選手、リー・ズィージァ選手、シー・ユーチー選手、山口茜選手、プサルラ・V・シンドゥ選手、そしてチャン・ペンスン選手とゴー・リューイン選手のペアといった、世界のシード選手たちも、ここで立ち止まっている時間はありません。さっそく次の戦いに備えての準備を始めていることでしょう。

優勝選手インタビュー

  • アンソニー・シニスカ・ギンティン

    (男子シングルス優勝)

  • 自国において、地元ファンの前で優勝できた今大会は、まちがいなく私の選手生活におけるハイライトの一つになることでしょう。しかしそれよりもっと思い出に残るのは、遠いチマヒから母と兄弟がわざわざ応援にきてくれたことです。昨年は5つの大会の決勝戦で敗れ、悔しい思いをしましたが、とうとうこの勝利を手に入れることができて嬉しいです。アントンセン選手は手強く、ショットやプレーが非常に攻撃的で、最初は圧倒されました。でも彼が終盤少し疲れを見せたので、そのチャンスを逃さずにスマッシュで攻め続けダメージを与えました。優勝は久しぶりなので心から喜んでいます。

  • グレシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ

    (女子ダブルス優勝)

  • 決勝戦は接戦でした。第1セットでは、フラーハード選手とティゲセン選手のペアが得意とするパワーゲームとハードなスマッシュをフル活用し、私たちは明らかに不利でした。しかし第2セットでは、お客さんが一丸となって応援してくださったので、全力を出すことができました。コートに入った時は結果のことは考えずに、いい試合をすることだけを目指しました。私たちはものすごいプレッシャーを感じていましたが、相手は明らかにこの試合を楽しんでいるように見えました。最終セットは特に接戦で、何度もマッチポイントを握られてしまいましたが、私たちはしっかりと守り抜き、相手が少しでもミスをした時には力強く打ち返しました。イストラ・スナヤンでのこの初勝利は、私たちにとって言葉で言い表すことができないほど大事な宝物です。

  • マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルヨ

    (男子ダブルス優勝)

  • アッサン選手とセティアワン選手のペアとは何度も試合をしているので、互いのステップや動きは熟知しています。今回は10回目の顔合わせでしたが、戦績は10戦10勝。プレッシャーを与え続けて、相手をイライラさせるというのがこちらの戦略でした。試合では常に一貫性とスピードの2つを重視して戦っています。決勝戦まで進めば相手とは同じレベルですから、試合にどうアプローチするかがその勝敗を分けることになります。

  • 本大会の総評と2021年に向けて

  • イストラ・スナヤンで開かれた『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』は、5つのカテゴリーのうち3つで勝利を収めた開催国インドネシアにとって、実り多い大会となりました。今大会で印象的だったのは、2018年9月の中国オープン以来のタイトル獲得でジンクスを破った、アンソニー・シニスカ・ギンティン選手です。さらに素晴らしかったのは、ダブルスのグレシア・ポリー選手/アプリヤニ・ラハユ選手ペアの自国での優勝でした。女子ダブルスにおいて、強豪である中国と日本の独壇場を奪還するという次のミッションに向けて、きっと大きな自信になったことでしょう。男子ダブルスのマルクス・フェルナルディ・ギデオン選手とケビン・サンジャヤ・スカムルヨ選手のペアは、これからもしばらくはトップの座を守り続けると思われます。二人の現在の好調ぶりから判断すると、この先何シーズンかは頂点に立ち続けることでしょう。デンマークは、女子ダブルスの台頭でかなり良い成績を収めました。一方インドネシアの前には、中国、日本、マレーシア、韓国が依然として大きな脅威として立ちはだかっています。

DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020
DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020 Presented by DAIHATSU Part of the HSBC BWF World Tour Super 500 大会レポート by リリアナ・ナッチルさん
リリアナ・ナッチルさんが語る『DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2020』の見どころ
ダイハツが2021年まで2年間の協賛延長を表明
大会概要/スケジュール
PERODUA MALAYSIA MASTERS 2020 presented by DAIHATSU
PERODUA MALAYSIA MASTERS 2020 Presented by DAIHATSU ゴー・リューイン選手が語る大会の見どころ
ダイハツとPERODUA、「PERODUA MALAYSIA MASTERS」への協賛を2021年まで延長
大会概要/スケジュール
ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会 2019
ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会 2019 大会レポート
ダイハツが3年連続でパラバドミントン国際大会に協賛。ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会 2019開催記者会見レポート
大会概要/スケジュール
スディルマンカップ2019
「スディルマンカップ2019」日本代表選手発表・オフィシャルスポンサー及びバドミントン日本代表新ユニフォーム発表記者会見レポート
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019
バドミントン選手権大会
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019大会レポート
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019 バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750
大会概要/スケジュール
プロフィールはこちら! プロフィールはこちら!