photo photo

ヒューリック・ダイハツ JAPAN
パラバドミントン国際大会2018

ヒューリック・ダイハツ JAPAN
パラバドミントン国際大会2018
大会レポート

  • 開催日時:2018年9月26日(水)~30日(日)
  • 開催場所:東京都町田市立総合体育館

いよいよ2年後に迫った2020年の東京パラリンピックから正式競技となるバドミントン。世界各国で開催されるBWF公認の15の国際大会の1つである『ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会2018』が、昨年に引き続き日本で開催されました。
9月26日(水)〜30日(日)まで、5日間にわたって東京・町田市にある町田市立総合体育館にて行われた大会には、延べ5,500人を超える多くの人々が訪れ、世界ランク上位者が揃った日本人選手をはじめ、世界各国から集まった一流のパラバドミントン選手たちによる熱戦を見つめました。

本大会ダイジェスト映像
photo

なお、ダイハツ工業所属 福家選手の試合のフルバージョン動画はDAIHATSU × Badminton.comのフェイスブックページでご覧いただくことができます。パラバドミントンを見たことがある方もない方もぜひご覧ください!

東京で魅せた、パラバド大国ニッポンの実力!

日本人選手の中で、決勝に勝ち進んだのは13選手。その内、藤原大輔選手、今井大湧選手、里見紗李奈選手、山崎悠麻選手、鈴木亜弥子選手、山田麻美選手、末永敏明選手、杉野明子選手の8人が、それぞれの部門において見事優勝しました。中でも里見選手、山崎選手、鈴木選手は複数の部門で優勝という快挙を成し遂げ、日本人選手の強さを世界にアピールしました。

  • photo
  • photo
  • photo

SL3 - SL4男子ダブルスで優勝した藤原選手は、タイのSiripong Teamarrom選手とペアを組み、Jan-Niklas Pott選手とPascal Wolter選手のドイツペアと対戦。21-14、18-21、21-10と、ファイナルゲームまでもつれる展開となりましたが、粘り強いプレーで勝利を勝ち取りました。

また、SU5男子シングルスで優勝した今井選手は、ポーランドのBartlomiej Mroz選手を相手に、21-14、21-11とストレートで快勝。終始危なげの無いゲーム展開で、20歳の若さで大会初優勝に輝きました。

さらに、SL3-SU5ミックスダブルスでは末永選手と杉野選手のペアが、タイのSiripong Teamarrom選手とChanida Srinavakul選手のペアを相手に、21-15、21-18のストレート勝ち。隙の無い見事なコンビネーションで、見事優勝を勝ち取りました。

  • photo
  • photo
  • photo

日本人対決となったSU5女子シングルス。優勝した鈴木選手は世界ランキング1位の実力を遺憾なく発揮し、21-15、21-5のストレートで杉野選手を下しました。
また、山田選手とペアを組んだSL 3 - SU 5女子ダブルスでは、ドイツのKatrin Seibert選手とタイのChanida Srinavakul選手のペアを相手に、12-21と1ゲーム目を落とした後も崩れることなく、21-16、21-12と連取し、2冠を達成しました。

WH1女子シングルスでは里見選手が、スイスのKarin Suter-Erath選手を相手にストレートで優勝を決めました。1ゲーム目は21-12という点差を付けて取りましたが、2ゲーム目はデュースにもつれ込む接戦。緊迫したプレーが続きましたが、結局25-23で競り勝ちました。

圧巻だったのは、WH2女子シングルス、 WH1-2女子ダブルス、 WH1-2ミックスダブルスの3部門すべてで優勝した山崎選手。シングルスでも、里見選手とペアを組んだダブルスでもストレート勝ちし、その勢いに乗って韓国のLee Sam Seop選手とペアを組んだミックスダブルスの決勝に挑みました。相手は村山浩選手と小倉理恵選手の日本人ペア。19-21と第1ゲームを落とすも、21-14、21-15と立て続けに2、3ゲームを取り、見事3クラス制覇を成し遂げました。

優勝選手インタビュー

山崎悠麻選手(WH2女子シングルス/ WH1-2女子ダブルス/ WH1-2ミックスダブルス優勝)

photo

3冠は初めての経験です。もちろん出場する3種目すべてで勝ちたいとは思っていましたが、これまで2冠止まりだったので、今回やっと3種目で優勝することができてすごく嬉しいです。この1年、体作りを心掛けて特に体幹を鍛えていたので、それが良かったのではないかと思います。ミックスダブルスでは韓国の選手とペアを組みましたが、お互い片言でコミュニケーションを取り合って、何とか優勝することができました。

里見紗李奈選手(WH1女子シングルス/ WH1-2女子ダブルス優勝)

photo

試合が終わったときはまだ緊張感が抜けていなかったのですが、優勝したことが分かったときは、うれしさでつい涙ぐんでしまいました。自分のミスも多かったので反省するところも多い試合だったのですが、観客席からの声援やコーチからの声に励まされて、最後まで落ち着いてプレーできたのが良かったと思います。練習でチェアワークを強化できたのも、今回の優勝に繋がったのではないかと思います。

鈴木亜弥子選手(SU5女子シングルス/ SL3-SU5女子ダブルス優勝)

photo

シングルスとダブルスで2冠達成できました。シングルスは昨年に続いて2連覇できてとても嬉しいです。相手の杉野選手は連戦していて、2ゲーム目になると少し疲れが見えたので、配球も読めるようになりました。ダブルスの相手は予選で負けたペアだったのですが、予選で見えた相手の弱点を突くことができました。シングルスとダブルスでは戦い方が違うので大変ですが、それぞれに戦術を変えてプレーすることができました。

山田麻美選手(SL3-SU5女子ダブルス優勝)

photo

鈴木選手とペアを組んだのは今回が初めてでしたが、試合では鈴木選手がカバーしてくれたので、自分のできることに集中して戦えました。予選ではファイナルゲームで負けた相手だったので、その対戦を振り返って、念入りに準備して戦ったのが勝因だと思います。

藤原大輔選手(SL3-SL4男子ダブルス優勝)

photo

ペアを組んだタイのSiripong Teamarrom選手とは2回目の大会でしたが、前回も勝っているので彼とのペアでは負け無しです。今回も優勝できてホッとしています。2ゲーム目で決められれば良かったのですが、途中でファイナルゲームまで行ってもいいかな?と思ってしまって、結果2ゲーム目を落としてファイナルにまでもつれ込んでしまったことは反省点です。

今井大湧選手(SU5男子シングルス優勝)

photo

去年は3位だったので、今年はより一層気持ちを入れて戦いました。いつもより前に出て攻撃することができて、相手より攻めて行けたのが勝因だと思います。地元日本での開催だったので、応援に来てくれた方々に良い試合を観てもらいたいという気持ちで戦いました。観客の方からの声援もすごく聞こえて、心が折れそうになった時にも応援の力を感じました。

末永敏明選手(SL3-SU5ミックスダブルス優勝)

photo

今日は杉野選手に助けられました。これまで勝てなかった相手に勝てて良かったです。 杉野選手とは2013年に初めてペアを組んで、2016年からはずっとペアを組んでいるので、このまま2020年の東京パラリンピックでも、このペアで金メダルを狙えればと思っています。

杉野明子選手(SL3-SU5ミックスダブルス優勝)

photo

最初は緊張してコートに入りましたが、やっているうちにのびのびした気持ちでプレーできるようになりました。今大会では今日の決勝が一番動きが良かったかもしれません。末永選手とは、お互いにカバーしながら攻撃のパターンを作っていけるのが強みです。今日もそれができたので、結果優勝できて良かったと思います。

フォトギャラリー
photo photo
←
→
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
決勝戦 結果一覧
種目 選手名 試合内容
SL3-SU5
ミックスダブルス
末永敏明/杉野明子(日本) 2-0 Siripong Teamarrom/Chanida Srinavakul(タイ) 21-15、21-18
WH1-WH2
ミックスダブルス
Lee Sam Seop (韓国)/ 山崎悠麻(日本) 2-1 村山浩/小倉理恵(日本) 19-21、21-14、21-15
SL3
男子シングルス
Daniel Bethell(イギリス) 2-0 藤原大輔(日本) 21-11、21-8
SL4
男子シングルス
Lucas Mazur(フランス) 2-0 Sukant Kadam(インド) 21-10、21-17
SU5
男子 シングルス
今井大湧(日本) 2-0 Bartlomiej Mroz (ポーランド) 21-14、21-11
SL3-SL4
男子ダブルス
藤原大輔 (日本)/ Siripong Teamarrom(タイ) 2-1 Jan-Niklas Pott/ Pascal Wolter(ドイツ) 21-14、18-21、21-10
SU5
男子ダブルス
Pricha Somsiri / Chok-Uthaikul Watcharaphon(タイ) 2-1 Meril Loquette/ Lucas Mazur(フランス) 22-20、20-22、21-15
SS6
男子シングルス
Jack Shephard(イギリス) 2-1 Krysten Coombs(イギリス) 21-11、14-21、21-19
SS6
男子ダブルス
Krysten Coombs / Jack Shephard(イギリス) 2-0 畠山洋平(日本)/ Fabien Morat(フランス) 21-7、21-2
WH1
男子シングルス
Jeong Jae Gun(韓国) 2-0 Lee Sam Seop(韓国) 21-14、21-17
WH2
男子シングルス
Kim Sun Chul(韓国) 2-0 Martin Rooke(イギリス) 21-18、24-22
WH1-WH2
男子ダブルス
Kim Sung Hun(韓国)/ David Toupe(フランス) 2-1 Jeong Jae Gun / Lee Sam Seop(韓国) 21-17、20-22、21-13
SL3
女子シングルス
Manasi Girishchandra Joshi (インド) 2-1 伊藤則子(日本) 16-21、21-18、21-3
SL4+SU5
女子シングルス
鈴木亜弥子(日本) 2-0 杉野明子(日本) 21-15、21-5
SL 4 + SU 5 - SL 4 Gold medal
女子シングルス
Chanida Srinavakul (タイ) 2-1 Faustine Noel(フランス) 13-21、21-19、21-19
SL3-SU5
女子ダブルス
鈴木亜弥子 / 山田麻美(日本) 2-1 Katrin Seibert(ドイツ)/ Chanida Srinavakul(タイ) 12-21、21-16、21-12
WH1
女子シングルス
里見紗李奈(日本) 2-0 Karin Suter-Erath (スイス) 21-12、25-23
WH2
女子シングルス
山崎悠麻(日本) 2-0 小倉理恵(日本) 21-13、21-6
WH1-WH2
女子ダブルス
里見紗李奈 / 山崎悠麻(日本) 2-0 福家育美 / 小倉理恵(日本) 21-9、21-15
会場レポート

会場となった町田市立総合体育館のロビーにて、今大会の特別協賛を務めるダイハツが特設ブースを設置し、来場されたファンの方々に特製のうちわや応援バルーンを配布するなど、大会の応援をサポートしました。また、ブースの横にはダイハツの福祉車両のタントウェルカムシートを展示し、会場を訪れた方々にウェルカムシート機能や室内の広さなどを体験いただきました。

photo photo
←
→
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
スディルマンカップ2019
「スディルマンカップ2019」日本代表選手発表・オフィシャルスポンサー及びバドミントン日本代表新ユニフォーム発表記者会見レポート
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019
バドミントン選手権大会
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019 バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750
大会概要/スケジュール
DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2019
リリアナ・ナッチル選手による「DAIHATSUインドネシアマスターズ2019」大会レポート
ヨナタン・クリスティ選手が語る「DAIHATSU INDONESIA MASTERS 2019」の見どころ
ダイハツが2年連続で「INDONESIA MASTERS 2019」に協賛!
大会概要/スケジュール
PERODUA MALAYSIA MASTERS 2019 presented by DAIHATSU
「PERODUA MALAYSIA MASTERS 2019 presented by DAIHATSU」の大会レポート
ゴー・リューイン選手が語る「PERODUA MALAYSIA MASTERS 2019 presented by DAIHATSU」の見どころ
PERODUAとダイハツは2年連続で「PERODUA MALAYSIA MASTERS 2019 presented by DAIHATSU」に協賛
大会概要/スケジュール
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018
バドミントン選手権大会
小椋久美子さんが現地からレポート!「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018」
次世代を担う日本人選手たち〜ジャパンオープン2018に向けて小椋久美子さんが注目する選手とは〜
世界バドミントン連盟スーパーシリーズ『ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018 バドミントン選手権大会』
大会概要/スケジュール
ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会2018
ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会2018 大会レポート
昨年に引き続き、今年もダイハツはパラバドミントン国際大会に協賛!『ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会2018』
大会概要/スケジュール
トマス杯・ユーバー杯 2018
バドミントン国別対抗戦『トマス杯・ユーバー杯2018』日本代表選手&新ユニフォーム発表記者会見レポート
プロフィールはこちら! プロフィールはこちら!