第18回ダイハツ全国小学生ABC
バドミントン大会

岡山予選会レポート

岡山市の最東部に位置する瀬戸町。岡山県予選大会は、小高い丘の上に立つ総合スポーツ施設「瀬戸町総合運動公園 体育館」において、6月25日に開催されました。
会場には1年生から6年生まで、昨年よりやや多い男女約240名が参加。朝10時から予選が始まり、夕方5時まで熱戦と力強い応援が続きました。

U-13ナショナルチーム選抜の選手が登場し、注目された女子Aクラスでは、決勝で同じクラブチームの選手同士が対決。会場の注目度がさらに増しました。ともに緩急を使った攻撃で相手を動かし、ポイントを取り合う白熱した展開。両者1ゲームずつを取り、迎えた第3ゲームでは、序盤にリードを許しながらも、間をとりながらリズムを作り、粘り強くネット際のシャトルを拾った堀選手が勝利。実力伯仲の好ゲームを制しました。

また、男子Bクラスではラリーから一方が鋭いスマッシュを打ち込めば、対するサウスポーの選手は深いコースを狙うなど接戦。1ゲームを取った渡邉選手が、セカンドゲームでは前半リードされながらも軟攻と力強いスマッシュで追いつき、その勢いのまま勝利しました。
レポート写真 レポート写真

全国大会出場者インタビュー

中山 大成選手(男子Aクラス)
中山 大成選手(男子Aクラス)
中山 大成選手(男子Aクラス)

全国大会での目標は?

小学生として最後の全国大会なので、ガッツで優勝を目指したい。

好きなバドミントン選手は?

チェン・ロン選手、リー・チョンウェイ選手、テニスの錦織圭選手

将来の夢は?

世界で戦える選手になりたい。

堀 小雪選手(女子Aクラス)
堀 小雪選手(女子Aクラス)
堀 小雪選手(女子Aクラス)

全国大会での目標は?

2年生で出場した時はベスト16だったので、今度はその上のベスト8を目指せるようにがんばりたい。

好きなバドミントン選手は?

山口 茜選手

将来の夢は?

オリンピックで優勝できるような選手になりたい。自主トレも含めて毎日練習をがんばっていきたい。

渡邉 奏介選手(男子Bクラス)
渡邉 奏介選手(男子Bクラス)
渡邉 奏介選手(男子Bクラス)

全国大会での目標は?

ベスト8までに入りたい。そのためにレシーブや戻りをしっかり練習しておきたい。

好きなバドミントン選手は?

世界で戦える選手

将来の夢は?

世界の大会に出て戦いたい。

金森 愛里紗選手(女子Bクラス)
金森 愛里紗選手(女子Bクラス)
金森 愛里紗選手(女子Bクラス)

全国大会での目標は?

1位を目指したい。大会までに走り込んだりなわとびをしたり練習したい。

好きなバドミントン選手は?

奥原 希望選手

将来の夢は?

オリンピックの選手になりたい。

坂江 慶哉選手(男子Cクラス)
坂江 慶哉選手(男子Cクラス)
坂江 慶哉選手(男子Cクラス)

全国大会での目標は?

勝ってうれしいことが起きるようにがんばりたい。

好きなバドミントン選手は?

桃田 賢斗選手

将来の夢は?

全国大会でいいことが起きること。

渡邉 柚乃選手(女子Cクラス)
渡邉 柚乃選手(女子Cクラス)
渡邉 柚乃選手(女子Cクラス)

全国大会での目標は?

今日はしっかり飛ばせたので、全国大会でもがんばってベスト8を目指したい。

好きなバドミントン選手は?

回答無し

将来の夢は?

一番になりたい。

種目男子女子
優勝者準優勝者優勝者準優勝者
Aクラス なかやま たいせい
中山 大成
(PEACEジュニア)
うえもと えいた
上元 瑛汰
(PEACEジュニア)
ほり こゆき
堀 小雪
(ミッキーズ)
たけもと ちほ
竹本 千穂
(ミッキーズ)
Bクラス わたなべ そうすけ
渡邉 奏介
(PEACEジュニア)
しげみつ としまさ
繁光 俊賢
(ミッキーズ)
かなもり ありさ
金森 愛里紗
(ミッキーズ)
さかえ かな
坂江 夏奈
(Nラインクラブ)
Cクラス さかえ よしや
坂江 慶哉
(Nラインクラブ)
ながせ ゆうが
長瀬 雄芽
(Nラインクラブ)
わたなべ ゆずの
渡邉 柚乃
(PEACEジュニア)
せいた ゆりな
清板 侑里奈
(児島KIDS-虹)
種目男子
優勝者準優勝者
Aクラス なかやま たいせい
中山 大成
(PEACEジュニア)
うえもと えいた
上元 瑛汰
(PEACEジュニア)
Bクラス わたなべ そうすけ
渡邉 奏介
(PEACEジュニア)
しげみつ としまさ
繁光 俊賢
(ミッキーズ)
Cクラス さかえ よしや
坂江 慶哉
(Nラインクラブ)
ながせ ゆうが
長瀬 雄芽
(Nラインクラブ)
種目女子
優勝者準優勝者
Aクラス ほり こゆき
堀 小雪
(ミッキーズ)
たけもと ちほ
竹本 千穂
(ミッキーズ)
Bクラス かなもり ありさ
金森 愛里紗
(ミッキーズ)
さかえ かな
坂江 夏奈
(Nラインクラブ)
Cクラス わたなべ ゆずの
渡邉 柚乃
(PEACEジュニア)
せいた ゆりな
清板 侑里奈
(児島KIDS-虹)

岡山県小学生バドミントン連盟より

松本 哲也さん(岡山県小学生バドミントン連盟理事長)

岡山県は、近年女子の全国大会で3連覇を果たす選手が出たこともあり、レベルはトップクラスではないかなと思います。各チームの指導者の方が本当に一所懸命指導してくださっているので有り難いですね。週に4、5日練習をしたり、県外遠征に出かけたりするという話も聞くほどです。
今回ダイハツさんにサポートをしていただき、会場には横断幕もあって、箔が付くというのか、選手たちもよりいっそう頑張れる環境が整ったのではないかと思っています。
応援のスティックバルーンもあり雰囲気が変わりましたね。
そういうものを出していただけて、運営側としても喜ばしいですし、選手たちにとっても、おおいに励みになると思います。

レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真
レポート写真

当日は、雨の予報もありながら曇天となり、開場前から体育館周辺でランニングをするなどウォームアップに励むチームもありました。9時に開場するとエントランスホールでは、大会をサポートするダイハツのスタッフが、選手やご家族をにこやかに出迎え、応援用のスティックバルーンやスポーツドリンクを配布。華やかな雰囲気に顔をほころばす選手が大勢いました。

また、特別イベントとして30名様限定で実施された「愛車の無料日常点検」では、メーカーや車種を問わず、ダイハツのサービススタッフによる点検を実施。さらに、大会終了後には、会場周辺のクリーン活動も実施いたしました。
点検を申し込まれたと言う男性は、「梅雨時で気になっていたタイヤもきっちりと丁寧に見ていただけて、本当によかったです。これまでも息子の応援に何度か来ていますが、こんな点検イベントやスティックバルーンなど、今回のような雰囲気は初めてです。」と、大変喜ばれていました。

入口には日本代表ユニフォームを着用した選手たちの等身大パネルを設置。大会出場者やご来場者は、その前でうれしそうにポーズをとったり、応援メッセージを書いたり、皆さん試合以外の催しも楽しんでいました。またスティックバルーンを掲げて応援したり写真を撮ったり、会場全体が終始華やいだ雰囲気に包まれました。

スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
スタッフ写真
第22回ダイハツ全国小学生
ABCバドミントン大会
第6回 ダイハツ日本障がい者バドミントン選手権大会
第6回 ダイハツ日本障がい者バドミントン選手権大会 大会レポート
大会概要/スケジュール
ダイハツ・アステック・オープン2020
大会概要/スケジュール
BADMINTON TALENT DEVELOPMENT PROGRAMME 2019
BADMINTON TALENT DEVELOPMENT PROGRAMME 2019 A Collaboration Between MOE & PERODUA
第2回池田ジュニアオープンバドミントン大会
第2回池田ジュニアオープンバドミントン大会レポート
第2回ダイハツ久留米ジュニアオープンバドミントン
第2回ダイハツ久留米ジュニアオープンバドミントン大会レポート
大会概要/スケジュール
プロフィールはこちら! プロフィールはこちら!